2012年 03月 14日 ( 4 )

「優しき女性の絵」に向けてー「花輪の聖母」

あ〜連続して書いていたらちょっと疲れてきました;;でもメモリアルアルバムの連続クエなんて、終わってからじゃメンドで絶対もう書かないってわかるから、自分の記録のためにももちっと頑張ろと思います。普段これくらい根気があったらいいのになあ。。。そちらはすぐに後回しデス。
☆☆☆


「岩窟の聖母」
「岩窟の聖母」−2日目
「聖母子と聖ヨハネ」
「聖母子と聖ヨハネ」−2
「聖母被昇天」
「ヒワの聖母」

の続きです☆☆

4.「花輪の聖母」
クエスト: 画家の適材適所
スキル:探索6 美術8 ノルド語 
ギルド:ストックホルム 冒険者仲介人

まず、ストックホルムまで行ったんですが、ストックホルムの地図を見るとギルドなんてない!ってことで、「勘違いしたんだ〜」と勘違いして、アムスへ戻りました。でもなんか変。wikiをみたらやっぱりストックホルムで、もう一度行ってみると、仲介人さんが立っていたんですよね〜。あの辺の海域は結構入り組んでいて、面倒なので失敗でした><

発見物:花輪の聖母
c0242805_7165168.png


お花がこんなに描かれている割には、全体の色彩の感じで暗めに見えます。肌の感じなどはルーベンスの自画像にも通じる質感だなあと思いました。

ブログランキングに参加してマス↓ ('-'*)♪


次はいよいよ最後です。最初に取り組んでいた岩窟の聖母の時の最後のクエ 「ダ・ヴィンチの真筆」がスキルが足りないので後回しになっています。今もスキルは足りないのですが、美術ブースト、探索ブーストを付け替えながらでも大丈夫なら、または探索がちょっと足りなくても粘って出るなら、なんとかクリア出来るかも??とにかく挑戦してみたいと思っています〜
[PR]

by Alinya | 2012-03-14 07:24 | メモリアルアルバム

「優しき女性の絵」に向けてー「ヒワの聖母」

「岩窟の聖母」
「岩窟の聖母」−2日目
「聖母子と聖ヨハネ」
「聖母子と聖ヨハネ」−2
「聖母被昇天」

の続きです☆☆

4.「ヒワの聖母」
クエスト: ラファエロの名画
スキル:探索2 美術4 イタリア語 
ギルド:セビリア/リスボン 冒険者ギルド

発見物:ヒワの聖母

c0242805_6542555.png


こちらはフィレンツェ・ウフィツィ美術館蔵。カルデリーノの聖母ともいい、幼子の手にある鳥がそのカルデリーノ(ヒワ)だそうです。どんな鳥なんでしょうね。美しき女庭師と並べて鑑賞してみたい一点です。

ブログランキングに参加してマス↓ ('-'*)♪

[PR]

by Alinya | 2012-03-14 07:01 | メモリアルアルバム

「優しき女性の絵」に向けてー「聖母被昇天」


「岩窟の聖母」
「岩窟の聖母」−2日目
「聖母子と聖ヨハネ」
「聖母子と聖ヨハネ」−2

の続きです☆☆

3、聖母被昇天

「出世作」
スキル:探索6 美術8 イタリア語
ギルド:アムステルダム 冒険者ギルド

c0242805_6204379.png


c0242805_6215415.png


決まり事でどこか遠くの出来事のように感じるという意見ははじめて見ましたので新鮮でした。そうなのかもしれないですね。神話を見ているような気持になります。またこの時代はレオナルド・ダ・ヴィンチが人体の研究をしていたように、身体の構造についても曖昧なままでしたので、絵にようっては手の曲げ方とか身体の大きさとかに比した各部位の不自然さというのも見られます。(知っているところではチャイルド ウィズ ブックというラファエロの聖母子像。左手の曲げ具合と長さが少し不自然な気がします)

わたしはこの決まり事っていうのを知るのが好きです。マリア様がなぜ赤い服なのか、受胎告知ではなぜ白いユリが出てくるのか。コード読みながら、鑑賞するのって結構楽しいです。でも解釈によっては時々、そのコードをその時代の人(特に権力者)が気がつかない程度に破っていた絵っていうのもあるとされています。例えば、自分の主張なんかをこっそり入れこむようです。いろんな解釈があって、わたしなんかは読むだけですが、素人の気楽さでいくらでも空想していけるのは楽しいところだと思っています。

発見物:聖母被昇天
c0242805_6293859.png


色彩のはっきりした絵ですね。こちらはヴェネツィアのフラーリ聖堂に描かれているそうです。

続きます☆


ブログランキングに参加してマス↓ ('-'*)♪

[PR]

by Alinya | 2012-03-14 06:44 | メモリアルアルバム

「優しき女性の絵」に向けてー聖母子と聖ヨハネ」−2


メモリアルアルバムの続きです☆

「岩窟の聖母」
「岩窟の聖母」−2日目
「聖母子と聖ヨハネ」

☆☆☆

前回はクエ受けまえで終わっていたので、続きから 「聖母子と聖ヨハネ」の発見のためにアムステルダムで「ラファエロの聖母子画」を受けます。ロンドンでも受けられます。

発見物:「聖母子と聖ヨハネ」別名「美しき女庭師」

c0242805_5413722.png


こちらはルーブル美術館蔵。聖母子が描かれたものはラファエロだけでも何点もありますし、他の画家をいれたらもう無限なわけですが、聖母子はラファエロの描いたものが一番好きです。やさしく、なめらかな絵の質感が聖母の優しさも表しているように見えるので。聖書によればこの先受難が待っているわけなのですが、それを予知し憂いながらも愛情を注ぎ見守る優しさが出てるというような解説をどこかの美術館で聞いたことがあります。そういう物語的な部分にも思いを馳せると、さらに興味の湧く一枚です。

次に続きます♪

ブログランキングに参加してマス↓ ('-'*)♪

[PR]

by Alinya | 2012-03-14 06:12 | メモリアルアルバム